2008年02月14日

良いドックフードの選び方


みなさんは、何を基準にフードを選ばれていますか?
我家は、私が子供の頃から犬を飼っていました。
その頃は、犬といえ日本犬か、いわゆる雑種がほとんどで
室内で飼う犬は座敷犬など呼ばれるマルチーズなどの小型洋犬くらいでした。
そして、犬の餌といえば人間の残りもの。
ドックフードも、ドライフードや缶詰の種類も限られており、
今のようにホームセンターやペットショップもほとんどありませんでした。
けれど、今はドライフードだけでも、数限りなく販売されていて
値段も安価なものから高価なものまで様々です。
しかも、ほとんどが日本国内で製造されたものではなく、
海外からの輸入ものがほとんどです。

ここで問題なのは、日本は島国であるので
輸入品は、ほぼ船に揺られて何日もかけて海を渡って運ばれているということです。
そして、その後、倉庫で管理されて店頭に飾られて私達が手に取り、
愛犬の口に入るまでの品質保持に危険が潜んでいるということです。

まず、ここではドライフードを選ぶ時に知っておいて欲しい「正規品」と
「並行輸入品」について皆さんにも知っておい欲しいと思います。

みなさまは、「正規品」と「並行輸入品」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?
輸入フードには、主にこのふたつに分けられます。


「正規品」とは、海外のメーカーとメーカーの日本法人や輸入商社が、
正規の輸入代理店契約を結び、正規の手続きを経て輸入される製品の事を言います。

「並行輸入品」とは、海外で買い付けした商品を個々の手続きにより
そのまま輸入した製品を言います。

外国産のドッグフードの場合、外国の気候と日本の気候が違うので
日本向けにフードの内容を日本向けに変えている場合も有ります。
また、輸入に際し、賞味期限切れ物や他のフードを混入したたりして
格安で売るなどを防止するために、
日本で自社のフードを販売しても良いと認めた代理店でのみ
輸入販売を許可している会社も少なくありません。
そうした正規の輸入経路で輸入販売されている製品を
「正規品」と言います。
正規品のパッケージには必ず「正規品」と表示がされ、
日本語での成分表示やフードに関する説明が記載された
シールが貼られています。
また、パッケージそのものを日本向けに作られたものとなっている場合もあり、
明らかに「正規品」と「並行輸入品」では、
パッケージのデザインが違うこともあります。

メーカーによって、「正規品」と「並行輸入品」には
成分的にも大差が無い物もあるようで、
値段も並行輸入品は割安なので購入する人も多いようですが、
「安全である」保証が無いのが現状なのだそうです。

並行輸入品は、海外の市場に出回ってから輸入されるケースがあります。
その為、賞味期限の曖昧な商品や場合によっては、
期限改ざんなどがあります。
人間の食品ですらそうした事件が頻発しているのですから、
ドックフードでそうした事が行なわれていても不思議では有りませんね。
当然そうしたフードは、開封した時点で
既に酸化が進んでいるフードもあります。

時々、同じドックフードを与えているのに
急に食べなくなったというワンちゃんがいます。
これを単なる犬のワガママと片付ける前に、
フードの品質を疑って見て下さい。
犬は人間の何倍もの嗅覚を持っています。
酸化したフードを見抜いて食べたがらない場合もあります。
見えないカビの混入もありますので要注意です。
輸入に際しても正規代理店が輸入する正規品は
専用のチャーター便で輸送され、温度・湿度もしっかり管理されています。

それに比べ並行輸入品は、コストを抑える為に
混載船便などが利用されるので、輸送に時間が掛かり
温度や湿度は外気以上になり、
長時間サウナで蒸された状態で輸入されているものもあります。

この様な輸入経過が並行輸入品に見られる品質低下により
嘔吐・下痢などのトラブルの原因とも言われています。
こうした並行輸入品の輸入状況では、
湿気からカビが発生するケースも頻発します。
酷い輸入業者になるとロスを減らすために、
防腐剤や防カビ剤を添加したり
ジャンクフードを混ぜたりすることもあるのだそうです。
本当に驚きです!!
その為、輸出している側の本国では存在しない内容量や
パッケージの詰め替え商品の可能性もあるほど
危険なのが現状のようです。
並行輸入品は、確かに正規品に比べて安くて
お財布には優しいかもしれません。
しかし、愛犬の健康には優しいものでは無い可能性が高いので
十分に注意して下さい。
posted by まりん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドックフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。